logo_eight

Monthly今月のEIGHT通信

今月のEIGHT通信
2019.2.15
ドキドキ…母校で講演

日本テレビ「ヒルナンデス!」AD1年目の小山田 羽那さんが、母校で特別授業を行いました。

 

小山田さんの母校は日本工学院専門学校、テレビ業界を目指す人たちの学科があります。今回は、間もなく就活を始める1年生向けに、現場のナマの声を聞いてもらうという授業の一環です。制作会社や技術会社など実際にテレビ制作をしている会社の方を招いて話をしてもらいます。小山田さんが卒業生ということもあり実現しました。

 

200名近い学生の前で話すのですから、緊張して当然。「心臓がバクバクです!」と言いながらも、OGとして、テレビ作りの面白さを

熱く語った小山田さん。自分の担当コーナーや、一週間の仕事の流れ、就活時の疑問点などを自ら作ったVTRで説明しました。

通常業務の空き時間でのVTR作りは大変だったと思いますが、学生の皆さんには、より具体的なイメージが伝わったのではないでしょうか。年齢が近く優しそうな先輩なので、女子からは就活メークの質問などもありました。

 

ADになって1年足らずの小山田さんですが、この講演を見て成長した姿に驚きました。

もちろんそれは本人の努力の賜物ですが、1年ごとに着実にステップアップしていける環境はEIGHTが目指していることでもあり

嬉しく思いました。2年目、さらなる飛躍が出来るよう一緒に頑張りましょう!