STAFFスタッフ紹介

  • えすと
  • スタッフの紹介
えすと
坂谷 侑子

1. 担当番組・自己紹介

数えてみたら、今年の春で入社10年目に突入することが判明。あっという間に過ぎていきました。
日本テレビ日曜朝の情報番組「シューイチ」で毎週VTRを作っています。

2. 業務にあたる中で感動したことや楽しかったこと

この仕事をしていなければ絶対会えない人と仕事をし、見る事ができない場所に行く事ができることにつきます。
子供のころからずっと見ていた、あのアニメーション映画を作り出したスタジオに足を踏み入れ、サウンドトラックのレコーディング現場に居合わせることができ、約1ヶ月出張しオリンピックの現場取材をすることもできました。
映画監督、演出家、人間国宝…名だたる方達を取材するなど、えすとで仕事をしてきて、様々な機会に巡りあうことができました。

3. 業務に対して感じるやりがい

私がテレビの仕事をやりたいと思ったのは、自分が作った番組で見ている人の心を揺さぶれたらスゴイ!と思ったからです。自分がテレビを見てそう感じたように…もしくはそれ以上に…その心は今でも変わらないように思います。数あるVTRの中で、自分の作ったVTRに「笑った」「泣けた」など何かしら気になってもらえた時はとても嬉しいです。
例えば同じニュース・同じ映像でも、構成・編集の仕方で伝わり方は大きく変わります。同じネタを扱ったりする時は誰よりも1番いい物を作りたいと思います。
まだまだ、勉強中ですが・・・。

4. 採用応募者の皆様へメッセージ

狭き門と言われるテレビ業界ですが、実際に入ったものの、出て行く人もとても多い業界です。
だからこそ、絶対にやりたい人は生き残れる業界だと思います。「つらい…大変」なんて言葉もよく聞くかも しれません。勿論そういう時もあります。
でも、そんな思いで作ったVTRこそ、いい思い出になるもんです。そして、放送が終わればそんな苦労も忘れてしまいます。これを聞いて、自分やれるかも!
思い出のつくれる仕事がしたい!
と思う人は、ぜひやってみるべきだと思います!