STAFFスタッフ紹介

  • えすと
  • スタッフの紹介
えすと
日下 潤

1. 担当番組・自己紹介

「NOGIBINGO」「KEYABINGO」や、「ウチのガヤがすみません!」を担当している32歳(これを書いている時)の好青年です!
好きなことは動画サイトで色んな映像を観まくることです!
時間があればすぐに動画を観てます(笑)
どんな動画を観ているかは自粛しておきますが…(笑)
普段はぐうたら風を装ってますが「やる時はやる男ですぜ!」

2. 業務にあたる中で感動したことや楽しかったこと

この仕事をして早10数年、いろんな事を経験しましたが一番感動したことは南米アマゾンの奥地で生中継をやったことですかね!今までの制作人生で5本の指に入るぐらい過酷でそしてめちゃくちゃ楽しく勉強になった体験でした!
ちなみにガチで風呂が無いのでネグロ河というアマゾン主流の河の茶色い水を汲んで水浴びしたり、宿も無いので蚊帳の中にハンモックを吊るして野宿したり、ネグロ河の水で炊いたご飯を食べたり(これが慣れると意外と美味しい)…なんて生活を1週間以上も続けたので、怖いものがなくなりました!

3. 業務に対して感じるやりがい

テレビの向こうでしか会うことが出来ない憧れの芸能人と一緒に仕事していること!有名人と打合せやロケをしたり、すごい仕事してるんだなぁっていまだに衝撃を受けます!

4. 採用応募者の皆様へメッセージ

この会社は制作会社の中ではかなり老舗に入る会社です。
テレビ局からの信頼も厚く自分にとってワンステージ上がるチャンスが結構な確立で舞い込んできます!
しかもそのチャンスはどんな人にも平等にやってきます!
頑張り次第ではあっという間に出世できるかも!?
あとなんて言ってもスタッフが皆いい人!
僕自身は中途採用でえすとに入ってきたんですが、『温かい人に恵まれている会社って素敵だなぁ!
この会社なら自分の成長をしっかりサポートしてくれる!
でもいずれは俺が社長になってやる!』
って思って入社しました(笑)